みんなの白髪染めの気になる悩み紹介します

歳と共に増えていく白髪、それと同時に行うようになる白髪染め。白髪染めをする際の悩みって、いったいどんなものがあるのでしょうか?



*50代女性はほとんどの人が使っている

白髪染めを使い始める時期は人によってまちまちですが、50代女性は大半の方が使うようになります。
定期的に行わないと白髪が目立つようになってしまうので、結構こまめにしている方も多いみたいですね。
見た目の年齢にも関わりますし、かなり気にする傾向にあるようです。
見せる白髪もありますが、基本的には白髪は「見せたくないもの」という意識があるのでしょう。


*まだ0.00…1%の割合の白髪のために染めるのか

白髪が生え始めたころというのは、どうしても白髪の部分が目立ってしまうのが難点。
特に目立つ頭頂部や生え際に少し固まっていると知人に指摘されてしまうという事もあり、抜いてしまうこともあります。
しかし、白髪を抜いてしまうと、かえって短い毛が立ってしまいかえって目立ったり、頭皮にダメージが与えられたり、毛根がつぶれてしまって髪の毛が生えなくなってしまう事もあるため、抜いてしまうのも避けたい。
かといって、割合としては少ないため、白髪染めを使うのかも迷ってしまう…。
気になるとはいえ、金銭面も考えると踏む出すのが難しいようです。


*お金と時間か、安全性か

白髪染めは自宅でも美容室でも行えます。
やはり安めの白髪染めは金銭的にもお手軽で5分で染める事ができるのも事実ですが、場合によってはかえって頭皮を痛めてしまうこともありえます。
では、美容院が必ずいいのかと言うと、定期的に通わないといけなくなってしまう上に、お金も時間もたくさんかかります。
普段の生活をしながら何年も通い続けるのは至難の業。
だからこそ、自宅でも短時間で染められて、かつ安全性の高いものを見つけたい、という悩みが浮上してくるのです。


*黒髪が犠牲になる

特に悩み始めるころに浮上してくるのは、白髪を染めるにあたって、特に問題もない黒髪まで傷んでしまう事。
一部分を染めるだけでいいのに、すべてを染めるとなると傷んでしまってちりちりになってしまうということも…。
白髪染めの頻度が上がれば上がるほど髪の毛のキューティクルをはがして痛めていくので、本来ならば染めなくても良かったはずの髪も染まってしまうのは避けたい、と悩むこともあります。
美容室などだと、「一部だけ染めたい」という願いを叶えてくれるところもあるようです。


白髪染めに悩みはつきものです。メリットデメリットを把握して、自分にあった白髪染めの方法を見つけていくようにしましょう。