白髪ってどう思われてるの?印象チェック

白髪染めをし忘れてしまった!など、気が付いたら目立ってしまっている白髪に対して、人はどのように感じるのでしょうか。
男女別に調べてみました。



*男性から見た女性の白髪

男性の白髪はおしゃれな印象を受ける事も多いのですが、女性に対しての印象は中々辛辣なものが多いです。
若い情勢に対してが特に多く、反対に60代を超えてくると自然に見えるという事であまり気になることもないようです。

まず、白髪があると、疲れてしまっているように見えるという意見です。
あまり休んでいないように見えるとして、あまりいい印象を受けない事があるようです。
やはり、白髪があるとそこを重点的に見てしまうという方もいました。
とはいえ、髪や肌につやがある人であれば、清潔感や若さを感じる事が出来るので気にならないという意見もあります。
何よりも重点が置かれているのは「清潔感」となります。
清潔感がある「白髪」であれば許容されることも多いようですが、そのためにはその他髪の毛や肌の手入れも必要で、仕事や家事、育児などで疲れている時に意識するのはなかなか至難の業…。
染めてしまった方が無難なのかもしれません。
白髪が許容される、ということは「高齢者として見られてしまっている」ということになりますから…。


*女性から見た女性の白髪

「白髪は染めなければただのズボラ」という厳しい意見も見受けられました。
女性からの意見はかなり厳しいものが多いようです。
若い頃のいわゆる「プリン頭」と同じで、手入れが行き届いておらず、不潔な状態を印象付けてしまうというのが意見として多く見られました。
白髪染めをしないというのが、ケチなのか、忙しくて女を捨ててしまっているのかと思ってしまうというのが現実だという事が言えるでしょう。
やはり頭頂部にいたっては白髪が目立つとそこばかりを見てしまうというのもあります。
白髪染めは「身だしなみ」。 女性の美意識の高さがうかがいしれます。
面倒くさくなって染めなくなってしまった結果、10歳以上見た目年齢が上がってしまっても仕方がないもの、それを受け入れた上で空が染めをしないという選択をとるのだと考えている人が多いようです。


女性の方が同性であるからか、かなり厳しい意見を持っていました。
ですが、壇上関係なく重視しているのは「清潔感」。
白髪があるからと言って不潔なわけではないのですが、ちょこっとだけ除く白髪は手入れが届いていないように見えてしまうようです。
手入れの一つとして、白髪染めをとりいれてみるのがいいかもしれませんね。