白髪染め、男女の違いはあるの?

白髪染めにはよく男性用と女性用で分かれているものがありますよね。
なんとなく男性用の方が強くて良く染まるのでは、女性用のほうが成分にこだわっているのではないかなど、何か違いがあるのでは?と考えてしまいますよね。
ですがこの2つ、特に大きな違いはないんです。
美容院でも女性と男性で同じものを使っていますし、市販の白髪染めも成分はほとんど一緒です。男性でも女性でも髪を染める原理は一緒ですからね。

では何が違うのかというと、主に仕上がり方が違います。
男性のものは仕上がりにハリやコシがあり、ボリュームが出るようになっています。
女性の方は香りが付いているものが多く、表面の手触りがサラサラになるようになっています。
また、男性は白髪が染まれば良いと考えている人が多いので、黒系のものが中心で、色もそこまで多くありません。
一方、女性は白髪染めをしながらもオシャレを楽しみたいという人が多いので、カラーバリエーションが豊富になっています。

先にも上げたように大きな違いはないので、好みのものがあれば男女関係なく、好きなものを使ってみるのもおススメです。
ただ、やはり女性と男性では白髪染めに対する考え方に違いがあるので、選び方の目安を少しだけ紹介します。



・男性におススメ

女性よりも男性の方が頭皮へのダメージを気にする傾向があります。 なので、ヘアカラータイプのようにダメージの強いものはなるべく避けることをおススメします。
頭皮へ与える刺激の少ないヘアマニキュアタイプや、染めながら髪のケアをしてくれるヘアトリートメントタイプなどがおススメです。
成分はなるべく無添加で天然成分のものが良いでしょう。

・女性におススメ


男性に比べて白髪を気にする方が多いです。
若く見られたい、無い方がカッコいいという理由で白髪を染める男性が多い一方、女性の場合白髪染めは身だしなみであると考えている方が多いです。
そのため、生え際に見え隠れするちょっとした白髪も気になります。
全体をヘアカラータイプで染めたら、新しく伸びてきたものをヘアマニキュアで染めるという方法がおススメです。



男女で白髪染め自体にほとんど違いはありませんが、やはり性別によって考え方は違うものですよね。それぞれにあった方法で白髪染めを上手に使いましょう!