白髪染めの種類

テレビのCMや薬局などで様々な種類の白髪染めを目にしますよね。
白髪染めのタイプは大まかに分けると3種類あります。
その人の髪質や、求めている仕上がりによって使うべきものが違ってきます。
それぞれの種類の特徴を知って、自分にあった白髪染めを探しましょう。



・ヘアカラータイプ

ヘアカラータイプは市販でも一番販売されている種類であり、一番メジャーなタイプです。
髪のメラニン色素を分解し、キューティクルを開いて中に色を入れていくタイプです。
白髪を一度にしっかり染めたい人や、色持ちを重視したい人におススメです。
効果が長持ちするので、一度染めたら2~3カ月染めなくてもそこまで気にならないという長所がありますが、髪に負担をかけるので傷みやすいことと、パッチテストが必要であるという短所もあります。

・ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはメラニン色素の分解をせず、髪の表面のたんぱく質を染めるタイプのものです。
髪を一度に染めたいけれど髪や頭皮のダメージを減らしたい、次のヘアカラーまでのつなぎとして使いたいという人におススメです。
メラニン色素を分解しないので、ダメージが少なく、表面をコーティングするので仕上がりの髪がツルツルとして艶やかになります。
染料が微妙に変化していくので、白髪は自然な色味に仕上がります。
ただし、髪色を明るくすることは出来ず、あくまで白色を暗くすることが目的です。
また、シャンプーなどで色落ちしてしまうので、色は約3週間しか持ちません。


・トリートメントタイプ

トリートメントタイプの特徴はとにかく手軽であるということです。
お風呂に入る時にシャンプーついでにトリートメントを使って少し時間を置くだけですんでしまいます。
ヘアカラー時などに必要な手袋や、床や壁が汚れないようにする準備や、脱ぎやすい服で汚れても良い服を用意する必要もありません。
そのため、とにかく手軽に済ませたいという人や、髪にかける負担も少なくなっているので、ダメージを気にする人に向いています。
トリートメントなので、髪に艶をだしてくれます。
ただこちらも髪を明るくすることが出来ないので、カラーバリエーションは少ないです。
色持ちも悪いので、仕上がりにこだわりのある人は少し不向きかもしれません。